日本スプリント学会第23回大会

第23回日本スプリント学会大会が,12月22日〜23日に埼玉県坂戸市・城西大学において開催される予定です。
詳細につきましては、随時こちらのページでお知らせいたします。

ご協力,ご協賛いただける企業のみなさまへ

 

大会要項ダウンロード
2012年12月7日更新

期日
 

平成24年12月22日(土)〜23日(日)

会場
 

城西大学 坂戸キャンパス
所在地:埼玉県 坂戸市 けやき台1−1

アクセス方法

東武越生線 川角駅下車 徒歩10分※
  ※川角駅改札口を出て右手の踏切を渡り,道なりに直進800m.



★当日は坂戸駅南口(下図参照)よりバスを運行いたします
22日(土) 12:00発
23日(日) 8:30発


日程(12月7日更新・確定)
 

■第1日 12月22日(土)

12:30 受 付 (清光会館清光ホール)

13:00 開会式 (清光会館清光ホール)

13:10〜15:10 シンポジウム (清光会館清光ホール)
「日本男子4×100m リレーこれまでとこれから」
  ◆日本4×100m リレーのこれまでの取り組み(ビデオ・TBSテレビ協力)
  ◆講演1「男子4×100m リレー強化の取り組み」
    高野 進(東海大学)
  ◆講演2「ロンドンオリンピックに向けた男子4×100m リレーへの科学的サポート」
    松尾 彰文(国立スポーツ科学センター)
  ◆パネルディスカッション「日本4×100m リレーのこれまでとこれから」
  パネリスト
   ・高野 進(東海大学)
   ・松尾彰文(国立スポーツ科学センター)
   ・苅部俊二(法政大学)
   ・朝原宣治(大阪ガス)
   ・高平慎士(富士通)
  コーディネーター 
   ・安井年文(青山学院大学)

15:10〜15:40 協賛企業プレゼンテーション (清光会館清光ホール)

15:50〜16:50 引退記念講演 (清光会館清光ホール)
「越えられなかったハードル〜失敗を考える」
   ・為末 大(meme)
  コーディネーター 
   ・櫻田淳也(東京女子体育大学)

17:00〜 懇親会(参加費3,000円) (17号館カフェテリア)

■第2日 12月23日(日)

9:00〜 受 付 (清光会館清光ホール

9:15〜9:45 総 会 清光会館清光ホール

9:50〜11:00 一般発表 清光会館清光ホール
座長 小林 海(目白大学)

10:50〜12:20 ワークショップ 総合グラウンド
「4×100mリレーバトンパスのトレーニング方法」
  ・土江寛裕(城西大学)ほか
  ・城西大学陸上競技部 部員
  ・地域高校生,中学生参加希望者(若干名)

9:10〜12:20 企業展示説明 清光ホール入口前

12:30 閉会予定

 
参加申し込み方法

 

下記までお問い合わせください

■日本スプリント学会事務局
〒186-8668 東京都国立市富士見台4-30-1
東京女子体育大学 櫻田淳也(陸上競技第T研究室)
TEL:042-572-4131(代表) FAX:042-576-2397(代表)
Email:sakurada@twcpe.ac.jp

■ワークショップ参加要項
ワークショップ要項ダウンロード
※原則的に城西大学附属高校,坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町周辺中学校,埼玉県内高校を対象とさせていただきます

参加料

 

会員           2,000円
当日会員 一般    3,000円
       大学生   1,000円
       高校生以下 無料

一般発表申し込み
 

大会要項をご覧ください

大会プログラム
 

2012年12月上旬送付の予定です。

交通・宿泊
 

京王観光で手配いたします
申込書

お問い合わせ
 

■日本スプリント学会第23回大会事務局
〒350-0295
埼玉県坂戸市けやき台1−1
城西大学経営学部 土江寛裕研究室
TEL:049-271-8051
Email: tsucchi@josai.ac.jp

■日本スプリント学会事務局
〒186-8668 東京都国立市富士見台4-30-1
東京女子体育大学 櫻田淳也(陸上競技第T研究室)
TEL:042-572-4131(代表) FAX:042-576-2397(代表)
Email:sakurada@twcpe.ac.jp

 

ご協力,ご協賛いただける企業のみなさまへ
   スプリント学会の会員数は約300名と少人数ではありますが,学会大会は非会員や現場指導者,特に中学,高校の指導者,さらには中学,高校,大学の現役でスプリント競技に取り組んでいる生徒,学生選手が多数参加します.研究,分析機材など,専門的な商品から,現場で役立つようなトレーニング機材まで,幅広く興味を持っているスプリント関係者が参加しますので,これを機会に商品の紹介などを行っていただけたらと思います.
  ご協賛およびご協力についてのご案内はこちらの資料をご覧ください.