日本スプリント学会
第27回大東文化大学大会

第27回日本スプリント学会大会が,12月3日(土)〜4日(日)に大東文化大学において開催される予定です。
詳細につきましては、随時こちらのページでお知らせいたします。

大会日程が一部変更されました。こちらをご覧ください。


大会申込書(EXL)
大会申込書(PDF)

大会要項

期日
 

2015年12月3日(土)〜4日(日)

会場
 


大東文化大学東松山キャンパス
所在地 〒355-8501 埼玉県東松山市岩殿560
東武東上線高坂駅 西口下車 バスで約7分
http://www.daito.ac.jp/access/higashimatsuyama.html


内容(予定)
 

2016年スプリント学会は以下の要領で行われます。 ふるってご参加ください。 また、一般発表の申し込みも、期日は迫っておりますが、申し込みをお待ちしております。

日本スプリント学会 第27回大会

1. 期日  2016年12月3日(土)〜4日(日)

2. 会場  大東文化大学東松山キャンパス
所在地 〒355-8501 埼玉県東松山市岩殿560
東武東上線高坂駅 西口下車 バスで約7分
http://www.daito.ac.jp/access/higashimatsuyama.html

3. 主な内容(日程、詳しい内容は後日掲載いたします)

日本スプリント学会 第27回大会

1. 期日  2016年12月3日(土)〜4日(日)

2. 会場  大東文化大学東松山キャンパス

所在地 〒355-8501 埼玉県東松山市岩殿560 
東武東上線高坂駅 西口下車 バスで約7分
http://www.daito.ac.jp/access/higashimatsuyama.html

3. 内容

第1日:12月3日(土)
12:30 受付開始

13:00 開会式

13:10〜13:40 基調講演
 「男子4×100mリレー、世界への挑戦」
  高野 進(東海大学、日本スプリント学会会長)
  麻場 一徳(山梨学院大学)

13:40〜14:20 特別講演
「銀メダルへのプロセス〜科学サポートと具体的取り組み」
  小林 海(日本スポーツ振興センター)
  土江 寛裕(東洋大学)

14:30〜15:45 シンポジウム@
「リオデジャネイロオリンピック男子4×100mリレー、 銀メダル獲得への軌跡」
パネラー
  高野 進  (東海大学)
  苅部 俊二(法政大学)
  リオデジャネイロオリンピック日本代表
    男子4×100mR銀メダルメンバー
    山縣亮太・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥
コーディネーター
  佐藤文康アナウンサー(TBS)

16:00〜 一般発表(口頭発表) 実験・自然科学系
  座長 遠藤 俊典(青山学院大学)

18:00 閉会

19:15〜21:15   懇親会
(東松山市内:ホテル紫雲閣2F宴会場 *会費3,000円)

12:00〜18:00   企業展示・説明

 

第2日:12月4日(日) 
8:30 受付開始

9:00〜9:15  総会

9:15〜10:15 一般発表(口頭発表) 実践・コーチング系
  座長 佐藤 真太郎(大東文化大学)

10:30〜12:30   シンポジウムA
「スプリント能力向上のためのフィジカルトレーニング」
  パネラー
   大前 祐介(株式会社ドーム)
  指定討論者
   伊東 浩司(甲南大学)
コーディネーター
  安井 年文(青山学院大学)

※記念講堂で行い、その後、大東文化大学東松山キャンパストレーニングルームに移動します。
(屋内での開催となります。室内履きをご用意下さい

12:30 閉会
 9:00〜13:00      企業展示・説明

一般発表・申込方法

 

一般発表・申込方法

1. 発表方法
(1)一般発表(口頭発表) 
  @一般発表(口頭発表)は下記の2種類の系に分けて行います。申し込み時に、いずれかを選択してください。

()実験・自然科学系(発表8分+質疑応答4分)
実験や競技会などにおいて得られた自然科学的データに基づいて行われた研究。発表は必ず緒言ー目的ー方法ー結果ー考察ーまとめといった手順であること。

()実践・コーチング系(発表12分+質疑応答3分)
指導やトレーニングの報告など、経験的知見に基づいて行われた研究の発表。発表の手順は特に指定しない。

   一般発表(実験・自然科学系)は12月3日(土)に、一般発表(実践・コーチング系)は12月4日(日)に実施します。日程的にもう一方の日でないと参加できないという方は、大会事務局に個別にご相談ください。

  APC(液晶プロジェクター)の使用ができます。 

  B本学会の性格上、発表を聞いた会員が持ち帰って実践に応用できるよう、資料を印刷・配布してください(資料は100部ご用意下さい)。 

(2)大会プログラム掲載用の抄録 
 11月4日(金)までに、抄録用の原稿(B5版1枚)をご用意の上、事務局へご提出ください。データはwordもしくはテキストファイルを添付する形で、E-mailでの送付をお願い致します。 
<データ送付先> 
日本スプリント学会事務局 豊田宛 
E-mail:toyo@tamajs.chuo-u.ac.jp

2. 発表申込〆切
2016年11月4日(金) 必着 
*発表原稿〆切まで期間が短いですが、奮ってご応募頂けたらと存じます。

3. 発表申込方法
E-mailにてお申し込みください。

その他・お問い合わせ

 

本大会に関する最新の情報は、日本スプリント学会ホームページにてご案内致します。随時ご確認頂きますよう、よろしくお願い致します。
また、大会期間中のご入会も承りますので、ご知り合いの方もぜひともご紹介下さい。

<日本スプリント学会HP> 
http://www.sprintresearch.com/

■日本スプリント学会事務局
〒186-8668 東京都国立市富士見台4-30-1
東京女子体育大学 櫻田淳也(陸上競技第T研究室)
TEL:042-572-4131(代表) FAX:042-576-2397(代表)
Email:sakurada@twcpe.ac.jp