第11巻 2001年 特集:スプリント学会の10年
第12巻 2002年 特集:400Mハードル
第13巻 2003年 特集:ショートスプリント
第14巻 2004年 特集:第14回学会大会シンポジウム-基礎から応用そして実践へ-
第15巻 2005年 特集:リレー


第11巻
特集:スプリント学会の10年
 

1.澤村 博(前会長、日本大学)
「スプリント学会のすがた」

2.阿部征次(前理事長、東京女子体育大学)
「日本スプリント学会への私の思い」

3.山口政信(前事務局長、明治大学)
「日本スプリント学会のあけぼの」

4.大久保文彦(桐朋高校)
「スプリント学会で取り上げたシンポジュームやテーマ
-これまで議論してきた技術的問題に関すること-」

5.伊藤 宏(静岡大学)
「海外研修について」

6.高野 進(会長、東海大学)
「21世紀に向けての日本スプリント学会」

7.麻場一徳(理事長、都留文科大学)
「日本スプリント学会〜これまで10年これからの10年〜」

総説
 

1.阿江通良(筑波大学)
「スプリントに関するバイオメカニクス的研究から得られるいくつかの示唆」

資料論文
 

1.鈴木健司(中京大学),鈴木茂廣(名城大学理工学部),本田陽,金子恭久,
安藤好郎(中京大学),鷲見勝博(中京大学教養部)
「大学生短距離選手における下肢等速性筋力の特徴」

トレーニング・コーチング記録
 

1.松本真由美(静岡県イサシクラブ)
  「イサシT.Cにおけるジュニア選手のスプリント指導」

2.越川一紀(成田高校)
「成田高等学校におけるスプリント指導」

3.礒 繁雄(関西学院大学)
「短距離走の実践指導に関する研究---関西学院大学の場合---」

その他
 

スプリントに関する文献情報
1.有川秀之(埼玉大学)

スプリント研究第1巻〜第10巻
総目録

平成12年度研究発表(抄録)
 

1.櫻田淳也(東京女子体育大学)ら
「マスターズ競技者の無酸素パワーに関する研究」

2.礒 繁雄(関西学院大学)
「大学陸上競技部の練習環境について---一般大学の短距離パートを中心に---」

3.秋田真介(鹿屋体育大学大学院)ら
「助走距離が異なる加速走の分析---疾走速度、ピッチ及びストライドより---」

4.渡木正光(鹿屋体育大学大学院)ら
「100m走における疾走速度曲線の縦断的分析---最大疾走速度に影響する加速区間はどこか?---」

5.渡部近志(法政大学)
「Recruitの現状---その事例報告---」

6.山口政信(明治大学)
「『言葉を紡ぐ』ということ」


第12巻
特集:400Mハードル
 

1.苅部俊二(法政大学)
「400mHのレースおよびトレーニングについての一考察」

2.斎藤嘉彦(東京農大二高)
「17年間の現役生活を振り返って」

3.山崎一彦((財)岐阜県イベント・スポーツ振興事業団スポーツ科学トレーニングセンター)
「段階的位相によるトレーニング戦略‐400mハードル:山崎一彦の場合‐」

4.大森重宣(星稜女子短期大学)
「400mハードラーの条件」

5.森丘保典(日本体育協会スポーツ科学研究室)ら
「一流男子400mハードル走におけるレースパターンと記録との関係‐5台目および8台目ハードルの通過時刻に注目して‐」

6.安井年文(青山学院大学)ら
「400mH走におけるレース分析について‐今までの事例研究を踏まえて‐」

原著論文
 

1.内山了治(長野工業高等専門学校),田邊潤(早稲田大学本庄高等学院),坂田洋満(木更津工業高等専門学校)
「ダウンヒルランニングの加速過程における速度と下肢動作の変容」

2.谷川聡,宮下憲(筑波大学)高松潤二(国立スポーツ科学センター)、安井年文(青山学院大学)、金子公宏(明治大学)
  「ハイハードル走のインターバルランニングに関する研究」

3.太田涼、有川秀之(埼玉大学)
  「中高齢者の疾走能力:マスターズ100mレースから」

資料論文
 

1. 金高宏文(鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究センター)、渡木正光(長崎県立体育館非常勤職員)、松田三笠、瓜田吉久(鹿屋体育大学体育学部)
「100mを速く走るコツと練習手段の分析---あるシニア男子100m選手の競技発達中のコツに関する面接調査から---」

トレーニング・コーチング記録
 

杉岡憲二(京都府立西城陽高等学校)
「京都府立西城陽高等学校におけるスプリント指導について」

黒木義郎(巣鴨学園高校)
  「巣鴨学園陸上競技班短距離ブロックにおけるトレーニング指導について」

川本和久(福島大学)
「福島大学のスプリントトレーニング」

金高宏文(鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究センター)、宮崎博史(徳州会病院陸上競技部監督)
「徳州会病院・陸上競技部におけるシニア選手のスプリント指導-宮崎博史氏のコーチング・エッセンス-」

渡邊信晃、大山下圭吾、宮下憲、尾県貢(筑波大学)
  「スプリント走のためのコンディショニングテクニック」

その他
 

スプリントに関する文献情報
1.有川秀之(埼玉大学)

平成13年度学会報告(研究発表)
 

民内利昭(君津若葉高等学校)ら
「ダイナミックキネシオン理論の指導現場への導入」

田邊潤(早稲田大学本庄高等学院)ら
「移動式傾斜走路の開発」

内山了治(長野工業高等専門学校)ら
「移動式傾斜走路を利用した短距離走の分析」

苅部俊二(法政大学)ら
「女子400mHの言語化されたハードリング・イメージの抽出に関する研究」

渡部近志(法政大学)ら
「ハードラーが重要と評価するハードル走の局面について---男子110mHと女子100mHのハードラーを対象として---」

有川秀之(埼玉大学)ら
「第8回世界陸上競技大会短距離種目におけるパーソナルデータ」

吉田真紀子(福島県体育協会)ら
「女子400m疾走中の酸素摂取動態に関する研究」

渡邊信晃(筑波大学)ら
「疲労困憊にいたるランニングにおける大腿部筋群の動員様相」

横田誠一(上越教育大学大学院)ら
「加速疾走段階におけるレジステッドランニングのパワー発揮について

山口政信(明治大学)
  「『ことわざを創る』ということ」


第13巻
特集:ショートスプリント
 

有川秀之(埼玉大学)
  「特集に寄せて」

1.高野 進(東海大学)
「世界最速への挑戦」

2.伊東浩司(甲南大学)
「ショートスプリント開花への布石?ジュニア期の短距離 伊東浩司のトレーニング‐」

3.土江寛裕(富士通)
「自己分析とトレーニング記録:パフォーマンスの向上に伴う主観的レースパターンおよびトレーニングの変遷」

4.結城匡啓(信州大学)
「世界一流スピードスケート選手のスタート動作」

原著論文
 

1.内山了治(長野工業高等専門学校), 坂田洋満(木更津工業高等専門学校),渡辺誠一(長野工業高等専門学校),田邊潤(早稲田大学本庄高等学院),川久保洋一(信州大学工学部)
「傾斜走路を利用したクラウチング・スタートの動作分析について」

2.伊藤宏(静岡大学)
  「中学2年男女生徒の短距離疾走距離に対する意識構造について-因子モデルと多重指標モデルによる因果関係の分析‐」

資料
 

1. 真銅霊彦(日本マスターズ連合)ら
「Age Gradingによる記録評価」

トレーニング・コーチング記録
 

若浦直樹(兵庫県立長田高等学校教諭)
「兵庫県立長田高校における短距離指導」

山内淳一(福島県喜多方高校)
「雪国会津の女子スプリントトレーニングの実際」

その他
 

スプリントに関する文献情報
1.有川秀之(埼玉大学)

平成14年度学会報告
 

T.研究発表

真銅霊彦(日本マスターズ連合)ら
「Age Gradingによる記録評価」

櫻田淳也(東京女子体育大学)ら
「女子短距離選手のトレーニング負荷に関する研究-女子400m選手の場合-」

麻場一徳(都留文科大学)ら
「全国小学生陸上競技交流会におけるハードル走の実態」

礒 繁雄(関西学院大学)
「上海体育運動技術学院のトレーニング現状に関する調査報告-3月シーズン移行期のトレーニング内容に注目して-」

平井敏幸(法政大学)ら
「110mハードラーの経験的ハードリング知識構造の抽出について(その3)-着地時に注目して-」

苅部俊二(法政大学)ら
「男子400mハードラーの経験的ハードリング知識構造の抽出について(その3)-着地時に注目して-」

安井年文(青山学院大学)ら
「男子日本一流400mハードラーの身体特性について」


第14巻
特集:第14回学会大会シンポジウム---基礎から応用そして実践へ---
 

小木曽一之(皇學館大学)
「基礎から応用そして実践へ」特集に寄せて

1.森谷敏夫(京都大学大学院人間・環境学研究科)
「競技力を高めるスポーツ神経生理学」

2.秋間 広(名古屋大学総合保健体育化学センター)
「骨格筋fMRIを用いた運動時の骨格筋動員パターン」

3.木曽良信(サントリー褐注N科学研究所)
「抗酸化物質の摂取は運動パフォーマンスの向上に有効か?」

4. 筒井清次郎(愛知教育大学)
「スポーツ指導に活かすためのスポーツ心理学」

5.伊藤 章(大阪体育大学) 
「世界の一流選手はどのように走っているのか」

6.加藤謙一(宇都宮大学)
「発育発達からみた小・中学生の短距離走の指導」

7.岡田英孝(電気通信大学)
「高齢者のロコモーションの特徴---一般高齢者からマスターズスプリンターまで---」

8.川合正貢(三重県立名張桔梗丘高等学校)
「効果的なウォ−ミングアップについて」

原著論文
 

1.金高宏文(鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究センター), 松田三笠(第一生命),瓜田吉久(鹿屋体育大学体育学部)
「レーザー速度測定器とビデオカメラを利用したスプリント走中のストライド変化の推定」

2.太田 涼,有川秀之(埼玉大学)
「短距離走における疾走速度、ピッチ、ストライドの加齢変化---12歳から85歳までの100mレースを対象に---」

実践研究
 

1. 平井敏幸,苅部俊二(法政大学)
「110mハードラーのハードリング・イメージの因子構造と言語化に関する研究」

その他論文
 

1.青山清英(日本大学)訳
ベルホシャンスキー,J.V著「トップクラス・スポーツのトレーニングにおける『期分け』の終焉」

2.重城哲(日本大学)ら訳
「第7回世界陸上競技選手権大会(セビリア,1999年)における短距離種目のバイオメカニクス的分析」

トレーニング・コーチング記録
 

1.仲宗根敏晃(沖縄県立中部商業高等学校)
「沖縄県からの発信---『スピード』への挑戦---」

2.清水禎宏(島根県立松江北高等学校)
「中学・高校生のスプリント指導を経験して」

3.菅原澄子(福島県立郡山東高等学校)
「福島県立郡山東高等学校における400m指導(丹野麻美)」

その他
 

スプリントに関する文献情報
1.有川秀之(埼玉大学)

平成15年度学会報告
 

T.特別発表
高野進(東海大学)ら
「世界陸上報告 〜銅メダル獲得までの道のり〜 」

U.研究発表
礒 繁雄(早稲田大学スポーツ科学部)
「110mハードル走のコーチング視点に関する研究」

小野芳彦(静岡大学)ら
「世界と日本男子選手100mの記録の変遷の分析」


第15巻
特集:リレー
 

高野 進(東海大学)
「アテネオリンピックに向けてのリレー戦略」

有川秀之(埼玉大学)
「アテネオリンピック4×100mリレーの軌跡」

麻場一徳(都留文科大学)
「アテネオリンピック4×400mリレーの戦略」

佐久間和彦(順天堂大学)
「アンダーハンドパスについて」

宮下 憲(筑波大学)
「オーバーハンドパスとアンダーハンドパスについて」

杉田正明(三重大学)
「4×100mリレー ‐バイオメカニクス的観点から‐」

野口純正(世界陸上競技統計者協会),高橋牧子(APES’COLLEGE):
「オリンピック・世界選手権4×400mリレーの各走者区間タイムについて」

伊藤 宏(静岡大学)
「子どもとリレー」

安井年文(青山学院大学)
「対校戦におけるリレーの戦術について−走順の観点から−」

総説
 

小木曽一之(皇學館大學)
「全力疾走中、我々はどのように地面を捉えるべきか?〜神経筋の振る舞いからの考察〜」

原著論文
 

青山清英,重城 哲(日本大学),澤野大地(日本大学大学院),
青山亜紀(日本女子体育大学スポーツトレーニングセンター),安井年文(青山学院大学)
「主観的努力度合いの変化がポール走の客観的出力に与える影響」

宮下 憲,真田 久,嵯峨 寿(筑波大学)
「復興ネメア競技祭にみる短距離競走の原点」

金高宏文(鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究センター),松村 勲,瓜田吉久(鹿屋体育大学)
「100m走の加速区間における局面区分の検討
‐疾走速度、ストライド及びピッチの1歩毎の連続変化を手がかりにして‐」

資料論文
 

森丘保典((財)日本体育協会スポーツ科学研究室),礒 繁雄(早稲田大学),阿江通良(筑波大学),青野 博((財)日本体育協会スポーツ科学研究室),伊藤静夫((財)日本体育協会スポーツ科学研究室)
「走運動における動きのコツおよび意識に関する事例的研究:元一流400mハードル選手の面接調査から」

トレーニング・コーチング記録
 

矢崎良子(山梨県中巨摩郡昭和町立押原中学校)
「中学生(ジュニア)期のスプリント指導」

西内伸夫(明徳義塾中・高等学校陸上競技部アドバイザーコーチ)
「西内誠子(現鈴木)選手 女子三段跳トレーニングの実際」

小倉幸雄(大阪国際大学短期大学部)
「大阪国際大学における女子スプリントトレーニング」 

その他
 

スプリントに関する文献情報
1.有川秀之(埼玉大学)

平成16年度学会報告
 

T.研究発表

1. 一川大輔(青山学院大学)ら
「110mハードル走における13秒台達成に向けた運動評価に関する研究(レース分析・動作分析の両側面から)」

2. 田邊 潤(早稲田大学本庄高等学院)ら
「簡易傾斜走路『Accel Runway(アクセルランウエイ)』を使ったトレーニング
‐傾斜走路を用いた疾走練習の実践-」

3.原山享大(有限会社フィールドハウス)ら
「インターネットを使った競技会の運営とランキング出力サービスがもたらす陸上競技普及の可能性- アスリートランキングドットコム http://www.AthleteRanking.com」